So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

できれば、すわないでほしいな。

煙草すっていい?の暗黙 (過去記事へのTB)
煙草すっていい?の暗黙
煙草すっていい?

って聞かれて、「駄目」とはいえないなんともいえないあの瞬間。

まぁ、友達が「煙草すっていい?」って聞いてきているわけだから、

駄目!

はなかなかいえなかったりする。

自分の家に遊びにきているのであれば、部屋では吸わないでとはいえるかも知れんけど。居酒屋とか食堂で、きかれたら、まず

いいよぉ

って応えるしかないよね。

駄目だといえるのは、、、会社の後輩とか、10人くらいで集っているときその一人だけ吸いたいとか、そういう場合だけ?かな?
   

昔こんな記事を書きましたが、今も変わらないですね。喫煙者が吸う権利、我々がその煙を吸わない権利。

誰が我慢すればいいのだろうか。


 

できればすわないでほしいよね。

先日も、友達とあう機会があって、彼が連れてきた友人が、がんがん吸ってた。つらかった。

 

すっていい?

 

一言くらい聞いてほしいね。初対面だし。一人なんか、風邪引きで、セキをしながら菌もまきながら、受動喫煙も強制してました。

あらららら。日本だから、仕方がないのかな。仕方がないから、我慢するしかないのかな。どうすればいいかな。タバコ問題。

 

タバコを吸う人と共存するにはどうすればいいのだろう。せめて、一緒にいるときは、すわないでほしいな。そういう考え方は、だめかな?

喫煙室だけ、独立していてほしい。糞はトイレでするように。小便も便所にいくでしょが。喫煙は、喫煙室までいって、すえばいいのにね。それで、OKじゃない?


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

呼吸するか喫煙するか

道ですうお前、呼吸するか喫煙するかどっちかにせえ!吸うなら吸うで、煙をはきだすな。中毒野郎が。

。。。つづき


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

未成年の喫煙防止

本気でやるなら、タバコの販売を止めればいい。現実的でないとすれば、タバコの自販機を全撤去すればいい。

未成年に販売したら、販権を没収して、罰金をかせばいい。

買える状況で「買うな」はないよ。買えない状況どう作り出すかだよ。それを考えるべきだよ。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ドラえもんに頼む、どこでもドア

タラララッタラ♪

「どこでも喫煙室」

中毒者は強いよ。不可能を可能にします。ちなみに、あれは灰皿ではないよ。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

タバコを取り巻く状況、誰が一番悪い?その理由は?3

タバコを取り巻く状況、誰が一番悪い?その理由は?
タバコを取り巻く状況、誰が一番悪い?その理由は?一度だけ、投票できます。下の選択肢をよく読んで、一番相応しいと思われるものを選んでください。結果だけ見たい人は、結果をクリックしてください。

タバコを取り巻く状況、誰が一番悪い?その理由は?

これを書いている時点でこんな結果がでています。

 

1.日本政府:タバコ税が高すぎる、タバコが吸えるところが少ない。 51
2.日本政府:タバコ税が安すぎる、自動販売機が多すぎ、受動喫煙への対応が悪い。 57
3.JT  :タバコを販売するが、警告表示があいまいすぎる。警告になっていない。 44
4.JT  :タバコのパッケージはデザインが大事なのに、あんな警告文を書いている。 30
5.喫煙者:ポイ捨てする。受動喫煙を強制する、吸わない人の迷惑を考えない、など。 44
6.吸わない人:喫煙者の気持ちを考えない。タバコを吸えば喫煙者の気持ちが分かる。 43
7.誰も悪くない:私は喫煙者で、何も不満はない。 25
8.誰も悪くない:吸わないし、タバコに対する不満はない。 41

投票は、こちらから→http://blog.so-net.ne.jp/no_smoke/2006-10-21-1

結果だけは、こちらから→http://www.b-enquete.com/standard.asp?eid=4983


。。。つづき


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:健康

綺麗な朝

そう呼ぶ事にした。

煙草を吸わされなかった朝の事。歩き煙草のせいで、煙を吸わされないですんだ日の事。

今朝は珍しく綺麗な朝だった。駅につくまでは。

一匹だけ駅構内で吸っている馬鹿がいた。そこは禁煙。

一部の、と限定するが、喫煙者に期待することはかなり昔に諦めています。彼等は中毒なので、禁煙場所でも平気ですいます。

その禁煙場所でふかしている馬鹿のそばで、掃除のおじさんが床に水をまいていた。そこは、喫煙者がたむろする場所。彼らは本能なのか、禁煙場所でも、喫煙所にする能力があるらしい。そこは決まって、地面にポイ捨てがある。毎日ある。

掃除をしていたおじさんは、毎日それを片付けるのであろう。

おじさんが水巻きをしているのをみつけ、馬鹿な中毒者なりに気付いたらしく、その場を逃げるように去る。掃除をしていたおじさんの視線の先は、逃げる中毒者。

今朝見た光景でした。

煙草問題。すっている人だけの問題にはならないかな?彼らが肺癌で死ぬのは気にならないけど、受動喫煙は勘弁してほしい。ポイ捨て、やめろよ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

綺麗な空気を吸う権利、タバコを吸う権利

綺麗な空気を吸う権利、タバコを吸う権利
綺麗な空気を吸う権利

タバコを吸う権利

 

歩道で綺麗な空気を吸う権利

歩道でタバコを吸う権利

 

公園で綺麗な空気を吸う権利

公園でタバコを吸う権利

 

禁煙エリアで綺麗な空気を吸う権利

禁煙エリアでタバコを吸う権利

 

禁煙エリアでタバコを吸っている人を殴る権利

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

私の我慢

目の前を歩き煙草するやつら。後ろを歩く私に煙がかかる。すわされる。しかも一人じゃない。中毒者は何人もいる。

いつも我慢している。

許されるならば、このカバンを振り回して、煙を吐き出す醜い顔面を強打したい。頭のてっぺんからガソリンをかけてやりたい。

強い衝動はあるが、もう何年も我慢している。

彼等が道で吸う事を我慢する事が出来ないために、私は何年も我慢している。

誰かが、そんな歩き喫煙者の顔面にガソリンをかけたらどうなる?歩き煙草はへるかな?マスコミが騒ぐかな?

でも、そんな暴力を振るう人はいるわけがないし、やってはいけない。

でも、路上ですう彼等の暴力はやまない。

煙草問題。。。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

これから吸う人へ

喫煙者から、これから吸う人にメッセージはないですか?

吸わない方がいいとか、是非吸うべきだとか。理由も書いて、アドバイスありますか?

これから吸う人にお願いなのですが、歩き煙草や、禁煙場所での喫煙は止めてくださいね。周りに吸わない人がいたら、すっていいか、聞いて下さいね。あと、許可をもらっても、煙の行き先には気をつけて下さいね。そして、どんなに気をつけても、その友達に少なからず吸わせている責任は感じて下さいね。

できれば、吸わないでほしいです。でも喫煙はあなたの権利。

将来、恋人や家族に無理矢理吸わせてしまうほどの中毒にならないように気をつけて下さいね。

そういう中毒の人はたくさんいますよ。中毒になると、判断できなくなる人は多いよ。

路上のポイ捨てみてみてよ。あなたは、その仲間入りしたくないよね?

歩いて煙草を吸うのはかっこいいですか?あなたには、そう見えるかも知れないけど、迷惑と感じる人は多いよ。

吸うのはあなたの勝手。

道で吸うのはわがまま。

ポイ捨てする奴は社会のゴミ。

たくさんいるでしょ?そんな喫煙者って。マナーを守る人も要るけどね。

喫煙するのはあなたの選択、道で吸わないのもあなたの選択。

 

でも最後に一言いうけど、吸い始めは興味だろうけど、中毒になるとやめれないよ。やめれる人もいるけど、その殆どはやめれないよ。私の知り合いでも、やめたのは一割もいないよ。20才ごろか、その前から吸っている人は、今でも殆ど吸っているよ。やめられたのは、大学の知り合いで2人だけかな。会社の先輩で1人いる。あとは、記憶に無いな。20を過ぎて、吸わない人は、吸わないね。30から吸い始める人とかいないでしょ?なかなかいないね。

やめれないよ。やめたいけど、やめれないんだって。

可哀想だよね。そうならないように。

でも、吸いたいなら吸えばいいんじゃない。他人に迷惑をかけなければね。

。。。つづき


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。