So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

-| 2005年04月 |2005年05月 ブログトップ

喫煙法11条

以下、冗談。

喫煙法11条

歩道または横断歩道上で火のついた煙草をもちあるいた者及び喫煙等を実施した者は、その場で直ちに水20リットル以下の水掛けの刑に処す。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

喫煙法10条 [喫煙による危険]

以下、冗談。

喫煙法10条

喫煙マナーを違反したものは、たばこ煙30%以上の間接喫煙房で一ヶ月以下の間接喫煙懲役刑に処する。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

現代タバコ戦争 [喫煙による危険]

いいブログを見つけました。皆さんもぜひ目を通していただきたい!

http://blog.so-net.ne.jp/domiz/2005-04-04-1

記事へのコメント、コメントに対する作者 domiz さんの親切な対応もいいですね。

ブログで公共の場所での喫煙反対運動をすすめていって、世論や自治体、政府を動かすことって、できないかな。

先日読んだ雑誌のコラム(雑誌名、失念。。)に、最近路上喫煙を禁止する自治体が増えてきたということで、喫煙者を弱者だと書いていたが、アホな記事だと思った。弱者は、間接喫煙者です。あななたちは、加害者ですから。

自覚が無いのが、最悪。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

喫煙室 GOOD!

会社に喫煙室があります。オフィスは禁煙です。GOOD!

ちなみに、会社の知り合いのほとんどは非喫煙者です。飲みかいも煙草を吸う人はほとんどいません。GOOD!

実家の沖縄に帰省すると、友達のほとんどは喫煙者です。飲み会は煙まみれ。 BAD!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

携帯灰皿は良いマナー?

携帯灰皿もってる人、たまに、本当にたまに見掛けます。かれらはポイ捨てをしない分、人間的に、ポイ捨て男より優れてます。

ただ、何度か歩き煙草男がおもむろに携帯灰皿に吸い殻を押し込むのをみたことありますが、あれは、惜しいけど、不合格です。。残念!

道角に立ち止まってすってくれれば、まだいいですが。なるべく人通りから外れて吸っていただきたい。吸い殻は持ち帰ってね。

幼稚園、小学校の先生から習ったでしょ?立つ鳥あとを濁さず。家に帰るまでが遠足です!って。

わかりまちたかぁ?笑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

おしぃ!徒歩喫煙一人だけ!

ブログつけはじめてたった二日目で、朝出勤中、最寄り駅までの途中で発見した歩き煙草者数ゼロを達成しそうだった、のに。

ちゃんとマナーの悪い歩き煙草男いました。黄色っぽいシャツの男性。そう、あなた、の悪行のおかげで、いきなりの大記録達成は失敗に終りました!

うれしいやら、かなしいやら。

ちなみに、歩き煙草男はすくなかったけど、道に捨てられた吸い殻はいっぱいありました。

野鳥の会カウンタで数えるべきか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

灰皿は免罪符?

わが社のオフィスもある品川シーサイド内の広場、オーバルガーデン。いたる所に、まず九割以上のベンチ前に灰皿があるんで、昼休みなんか屋外なのに、まるで喫煙室です。。

くさい

不愉快

不健康

極まりなぬゎい!

ちなみに、ここでの喫煙は悪くないのだろうが、微妙にむかつく。。

まあ、そこは我慢だけどね。。

 

ビル管理責任者様、

あなた様もたぶん喫煙なさるのでしょうが、もう少し禁煙スペースを考慮して下さいませ。綺麗な空気ぃを、、、ぅうぅいきが、、、ぁ、、、あ、、で、、、ki n  .....

 

あとねぇ、地階フロアのあの喫煙スペース、、灰皿撤去か分煙設備してほしいです。。お願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

歩き煙草

毎朝、毎晩なやまされる、あの煙草のにおい。ポイ捨て。

本人に文句いったてころで、逆ギレされるのがおち。モラル悪いひとは、たいてい逆ぎれる、そんな人じゃないだろうか。

セカンドハンドスモーカ、つまり被害者としての日々の愚痴をネガティブに皮肉まじえて綴っていく予定です。

よろしくお願いします。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

-|2005年04月 |2005年05月 ブログトップ
ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。