So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

タバコ税、タバコ税、たばこぜい!

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091128ddm008010065000c.html

いろいろ意見はあるものの、議論されることが非常に意味がある。
結果として税収が減ったとしても、喫煙率が下がるくらいの増税もあっても良いと思う。

そもそも、タバコの税収を期待していて、喫煙者を増やす、数を維持しようとしている姿勢が間違っている。


ちなみに、私にとっては、タバコの増税それ自体が目的ではなく、喫煙者の数を減らす、なくすのも目的ではない。手段である。

受動喫煙がなくなるのであれば、極論だが、タバコの増税もいらないし、私以外が全員喫煙者であってもよい。あくまでも極論です。タバコ税が今のままで、喫煙者の数も今のままでも、われわれの受動喫煙がなくなるのであれば、それでよい。

ただ、長年願っているが、受動喫煙はなくならない。


だから、今の喫煙者、マナーの悪い彼らに期待することをあきらめました。政府に期待することにします。タバコ税を引き上げて、結果として喫煙者が減り、その結果として、受動喫煙が減ることを強く望みます。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 3

その通り!

そうなんですよね。
その通りなんですよね。

だから受動喫煙をなくすために、現状は、タバコを大幅に値上げしてほしいんですね。
私も受動喫煙が減ることを強く望みます。
受動喫煙が違法であること、私たちがどれだけ苦しんでいるかを理解してくれたら、結果的にたばこ税を引き上げて、喫煙者数を減らすようにできるはずだと思います。


by その通り! (2010-01-08 03:08) 

その通り!

受動喫煙が違法と書いてますが、現在は違法ではないのかな?
まだそういう法律は出来てないのかな?

眠い頭で、未来の理想的な環境を思い書いてしまいました(^^ゞ
by その通り! (2010-01-08 03:11) 

タバコの匂い大嫌い

違法じゃないですよね。

違法なら、本当に犯罪者だらけになりますよ(笑)
by タバコの匂い大嫌い (2010-01-11 23:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。