So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コメントありがとうございます。

「タバコをやめられない人に聞きたい」という質問形式の記事に、貴重なコメントをいただきました。煙草を吸うと言う事が与える影響、やめることが大変だと言う事、やめ続けることに関する考え方、また、まだ吸ったことがない人が吸い始めることについて、元喫煙者の経験談としてとても貴重なコメントです。angevoixさん、ありがとうございます。


はじめまして。
私は約13年スモーカーでした。この13年の間に、禁煙をしようとしたことは何度もありますが、失敗続き。やめようと意識すればするほどやめられない・・・。結局、きっかけをくれたのは、私の大好きな人でした。もちろん煙や臭いが嫌だっていうこともあったでしょうけど、私の心配もしてくれたんです。約束をしてからも1年半ほどはダラダラ吸い続けていたんですが、ある日突然「やめてみるか」と思ったら、次の日から無くても平気になりました。2004年6月21日が禁煙スタートの日です。順調に禁煙を続けられて2年以上が経った昨年10月、仕事のストレスからほんの数本ではあっても、また始めてしまいました。恥ずかしながら、自分の心の弱さが原因です。そこの仕事を辞めて、今年に入ってから改めて禁煙生活が始まりましたが、現在煙草を吸いたいとは全く思いません。POPさんのように、夢で見て「しまった」って思ったことは何度もありますけどね。

だらだら書いてしまいましたが、

①また吸いたいですか?やめるのは辛かったですか?簡単でしたか?
 
中途半端に「やめよう」と思っていた時は、ムリでした。強い意志を持てた時に、簡単にストップできました。人それぞれとは思いますが、結局は心の持ちようが大きく影響しているんだと思います。

②まだ喫煙をした事がない未成年者にタバコについて、いいたい事はありますか?あれば、それは何ですか?

「百害あって一利なし」とは正に喫煙を指します。
私は麻薬と同じと思っています。軽い気持ちで手を出せば、簡単にはやめられなくなりますよ。ごはんは不味くなるし、自分自身が臭くなります。また、お金の無駄遣いにもなるので、絶対に手を出してはダメ。自分だけではなく周囲の人にも害を及ぼすんですから。
それでも、やってみたいと思うなら、必ず扉がある喫煙室でだけでどうぞ。非喫煙者に煙がかかることがなければ、それだけ被害も少なくて済みます。

③最後に歩きタバコや禁煙エリアですった事はありますか?その行為は今振り返るとどう感じますか?なぜ、歩きタバコをしましたか?しなければいけなかったのですか?

喫煙を始めたばかりの頃は、あります。その頃は、喫煙マナーについては誰も何も言わなかったから。そういう意識さえ持てなかった自分が恥ずかしいです。歩き煙草等の必要性は全くありませんでしたね。20代後半に入ってから、場所については気をつけるようになりました。歩き煙草は絶対しない、灰皿の無い場所では絶対に火を点けない、非喫煙者がいれば、遠慮する。。。それでも、まだまだ配慮は足りなかったと、今なら思います。

ストップするまでの13年、本当にたくさんの人たちに嫌な思いをさせてしまいました。自分の父がヘビースモーカーで、煙がどんなに嫌なものだかわかっていたはずなのに。。。
現在は、ほんの少しの煙でも具合が悪くなります。それでも「煙草をやめました」とは言えません。あくまでもストップです。死ぬまでストップを持続できるよう、これからは自分の衝動的な欲求に負けないように生きていきたいなって、心底思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

うえぽん

はじめまして~通りすがりのものです^^

ブログ読ませて頂きました、めちゃくちゃ共感しました!!

わたしはこの禁煙サイトで禁煙出来たのでおススメですよ。
良かったらぜひ♪
http://kinen.suruzo.jp/
by うえぽん (2007-03-25 03:02) 

こんにちは。私の書き込みがこのように取り上げていただけるとは思いもしなかったので、とても驚きましたが、もし、これを読んで喫煙を思いとどまったり、「禁煙しよう」または「歩き煙草をやめよう」と思ってくれる方が一人でもいてくれたら、それはとても嬉しいことです。また、今後も禁煙生活を続けていく大きな励ましにもなりました。ありがとうございます。
喫煙者がどんなに自分の肺を汚そうと、それは本人の自由です。でも、非喫煙者は受動喫煙は望んではいません。
このブログが、喫煙者のモラルを少しでも上げる助けになればと切に願います。
by (2007-03-26 13:07) 

トラックバック 1

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。