So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

四月から喫煙は病

喫煙が病気だとやっと国が認めました。大きな前進ですね。四月から、喫煙は公に病気として認識されます。

これに反対している団体が一つだけありますね。

タバコ業界!

なぜでしょう?

考察してみた。
↓↓↓

病気だから、喫煙外来にも保健が適用される。

今までやめたかった人が、割りと安価にニコチンパッチを手にいれられる。

禁煙成功者が増える。

タバコの売上が減る。

タバコ関係者の給料が減る。

大問題!

単純にこれですね。自分の懐具合いが気になってこれです。HIV血液製剤も、アスベストもそうでした。誰かが金を儲けて、誰かがからだを病む構図。

タバコが麻薬か毒か嗜好(死向)品かの議論は、正直私個人には無関係。

無関係のはずなんです!

歩きたばこなどで受動喫煙さえしなければ、毎日吸わされなければ、ね。

そしたら、こんなブログもやらないし、気持よい朝を毎日迎えられるのに。

喫煙は病気です。

このつぎは、

《タバコの煙は毒物です。路上喫煙は犯罪です。》

となって欲しい。ここまでくれば、安心です。

私からのお願いです。歩き煙草や、禁煙場所で吸わないで下さい。

禁煙している人に煙草をすすめないで下さい。

そして、なるべく、吸わない人がいたら、その近くで吸わないであげて下さい。
喫煙は、隔離された喫煙室で行なって下さい。

煙草はやめなくて結構です。値上しなくてもいいです。

我々、吸わない人の受動喫煙をしない権利を守って欲しいのです。

お願いなんです。

お願いです。

 


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 10

煙草撲滅しましょう

馬鹿なやつがいますよね。校長が喫煙禁止されている校内で煙草を吸い、その吸殻からボヤ。こんなやつ首にしたらいいですよ。
by 煙草撲滅しましょう (2006-03-24 09:36) 

えいこう

これはホントに、朗報ですね。^^
でも、案の上異を唱えているのがJT。インタビューもテレビのニュースで見ましたが、ハッキリ言って見苦しいです。
by えいこう (2006-03-24 23:18) 

ノンスモ

こんにちは。
いい天気なので家に空気入れてました。
油断しました。どこからか招かれざる異臭(涙)
瞬く間に部屋に充満してました(怒)
ベランダ喫煙・換気扇喫煙やめてください。
ファブリーズ代などもバカになりません。

実はJTって毒タバコを扱っているだけじゃなく
色々手広くやって儲けてますよね。
社会貢献銘打って
気のいい非喫煙者に吸殻拾い促したりして(怒)

国が認めた事に異論唱えるとは・・・さすが大企業!
そのくせタバコ部門を切る勇気はないんですよね。

>そしたら、こんなブログもやらないし
本当!ですよね(笑)
by ノンスモ (2006-03-25 14:54) 

りろ

こんにちは。初めまして。
私もマナー違反の喫煙者に悩まされています。
JR京葉線新浦安駅は朝7-9時の通勤時間帯は禁煙タイムとなっています。
でも、全然守られていませんでした(過去)
禁煙時間帯も常時灰皿のあたりで吸っている人がいました。
ところが、ある日から「禁煙タイムのお知らせ」って紙が灰皿にべたべた張られ、
それから、禁煙時間帯に灰皿にふたがされ、それでも効果がなく・・・
その後最終手段である駅員が、灰皿周辺に配置されました(笑)
毎朝駅員が灰皿に張り付いて「ただいまの時間は禁煙タイムです・・・」
と放送までされています。
そうして、ようやく、ようやく、やっと!禁煙タイムは実現しました。
どうして、ここまでしないと少しの時間、禁煙が守れないのでしょう。
ちょうど各駅停車と快速の待ち合わせがあり、毎朝吸っているメンバーは
一緒でした。灰皿にフタがされているため吸殻はホームに捨てられ・・・
実はJRの首都圏の駅では禁煙タイムがありますが、はっきり言って守られていません。
これから、禁煙タイムの徹底をJRに求めて行きたいと思います!
すべての駅が新浦安駅のようになればいいんですけど・・・。
長くなりましたが、書き込みここではなく他にスペースがあったら
移動させていただいて結構です。
これから色々相談させれください
by りろ (2006-03-25 15:45) 

むう

ノンスモさん、横レスですみませんが
ファブリーズも化学物質のカタマリですから
身体にとっては良いとはいえません。
吸ってしまうと肺から吸収されてしまいます。
タバコの匂いを消したいお気持ちはよくわかりますが。
私はファブで具合が悪くなるので
EMというのを水で薄めてスプレーしています。(宣伝じゃないです)
ファブ以外で匂い消しといったらそれぐらいしか
知りませんのでね。
あと、私はタバコアレルギーなので煙を吸わされた
だけで呼吸困難になります。
タバコを社会から、全世界から追放したいww
by むう (2006-03-25 20:13) 

タバコの匂い大嫌い

煙草撲滅しましょうさん、
県知事が、禁煙の病院で煙草すったり、学校長もそうですけど、煙草をすって、ニコチンにコントロールされ、ニコチンに汚染された患者は、もうどーにも、こまったもんです。

eikoh さん、それ、たぶん私も見ました。
煙草の依存性は低い、やめようと思えば本人の努力でやめられるとかいってましたね。嘘ですね。やめれる人もいますが、依存性がとてもつよく、そうとうな強い精神力がないとやめれない場合が多いですね。 eikoh さんは、よくがんばったと思いますよ。えらいです!!


ノンスモ さん、
ベランダから煙草の煙、、、最悪ですねって、私も身に覚えがあります。。
喫煙者の友達がきたとき、かれらは私のベランダで吸いますが、これって、
これって、、、あーーーーー

彼らに、吸うなといわないといけないのかな。

煙草って、煙草って、、本当に、、、迷惑ですね。
どうすればいいんだろう。。

煙草、、もう、、、なくなってほしいな。。。正直。。

りろさん、JRしかご利用になってないとかですか?
>禁煙タイムの徹底をJRに求めて行きたいと思います!

私は最近、私鉄ばかり使いますが、むかし、目黒駅でJRにのりかえて
いたときは、、、あの、、階段付近で吸われて、、まいにちあの横を
不快になりながら通ってました。

禁煙タイムもいいですが、駅内禁煙のほうがよろしいかと、、、笑。

むうさん、
>私はタバコアレルギーなので煙を吸わされた
>だけで呼吸困難になります。

煙草の煙で、死ぬ思いをするひとはいますね。
それだけでも、私的には、路上喫煙を禁止してもいいと思うんですが、
それをメインの主張にすると、少数意見ではねかえされると思います。
残念なことに。。。
アスベストよりも毒性が強いと聞きますし、一般的に毒物だってこと
を認識させると、みんな幸せになると思いますが。ま、いずれにせよ、
ほんとうに、、、路上喫煙消えてなくなれ!!!!
by タバコの匂い大嫌い (2006-03-26 23:52) 

SadMan

国が認めた事に異論唱えるとは・・・

ええええぇぇぇぇぇぇ!!!????
by SadMan (2006-03-27 21:37) 

SadMan

あれれ引用符つけわすれましたか?面目ない

>国が認めた事に異論唱えるとは・・・

ええええぇぇぇぇぇぇ!!!????何?その理由???
by SadMan (2006-03-27 21:38) 

タバコの匂い大嫌い

SadMan さん、それは、、だれへのコメント??

独り言なら、PCの前でやってね~笑
by タバコの匂い大嫌い (2006-04-02 17:59) 

NO SMOKE!

こんにちわ。はじめまして。私は中3の者です。私の父親が吸っており、副流煙に大変困っています。主流煙よりも副流煙のほうが人体に悪影響を及ぼすらしいと聞いたので、余計に喫煙者に腹が立ちました。父親は、換気扇のスイッチを強にしてもらってます・・・。だけど、公共の場や、デパートの喫煙コーナー(仕切りがない)の前を通るときは、息をとめたり、ハンドタオルなどでくちを押さえています。そこまで神経質にならなくても・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、でも、他人のせいで病気にかかったり、不健康になるのだけはいやなので。私の父親に禁煙してほしいといってはいるのですが、タバコがなくなったら、楽しみが減ると返されます。毎回毎回〈毎日)むかついてイライラして、暴言も吐いたりします。感情が抑えきれないというか、わたしは鼻炎アレルギーだし、のども弱いので、むせることもあります・・・。とにかくこの世の中から「タバコ」という毒物を葬りたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
by NO SMOKE! (2006-06-21 16:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。