So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

未成年者がタバコを吸わないために、未成年者へメッセージ [喫煙による危険]

タバコに書いてます:

 

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙の依存が生じます。

 


 

解説します。

 

 

> 喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり

 

 

これはその通りでしょう、問題はその後です。

 

 

>(喫煙は) 心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。

 

ここに催眠効果を期待する表現がありますね。喫煙は、これら病気を悪化させるではなく、「危険性を高めます」と、高めるとしかいわない。「危険性がある」でも、可能性を示唆するだけの弱い表現であるのに、危険性を高めるという表現で、危険であることを二重三重に薄めています。また、さらに怖いのは、

 

 

 

「心筋梗塞・脳卒中や肺気腫などになる危険性がある」

 

ではなくて、

 

「心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を「悪化」させる危険性を高めます」

 

 

 

なのです。決して、これらの病気になる可能性にはふれず、すでに病気になった場合に限り悪化させる事に限定しての「危険性」について言及し、しかも危険性があるのではなく危険性を高めます。とこーきたもんだ。

 

 

「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。」

 

 

どうですか?ニコチン中毒で判断力が衰えた人がこれを読んだら、喫煙自体が心筋梗塞や脳卒中や肺気腫になる可能性はないのだ、悪化させる危険性だけ高めるから、健康な人が吸う分には問題ないのかな、と思うでしょう。ニコチン依存症患者の弱いところをつく、うまい表現です。JTにとって、喫煙者が沢山吸えば儲かるわけで、禁煙なんかしてもらうと困るわけです。彼らの顧客(喫煙者)が沢山吸うということは、それだけJTが儲かるわけだから、吸いすぎの意味が不明です。沢山吸ってもらうことに越した事はないので、過ぎることがないわけです。

 

では実際に、JTに何本吸えば吸いすぎなのかを質問してみたいですね。人によって違いますと答えるのが見えていますが。一日2本以上が吸いすぎかもしれませんよ。

 

 

「未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。」

 

 

私なら、こう書きます:

 

 

「未成年者の喫煙は、脳に致命的ダメージをあたえ、その多くはニコチン中毒になり一生禁煙することが難しくなります。何度も禁煙を試みても、ニコチンの毒魔に汚染され止めることがが出来なくなります。麻薬なのです。肺には黒いぶつぶつができ、肺気腫になり、酸素を摂取できないため高濃度の酸素を吸うために酸素ボンベからチューブをだし鼻に挿入しないと日常生活が出来なくなる可能性がタバコを吸わない人に比べてかなり高くなります。肺気腫患者の95%が喫煙者だという統計結果がでています。未成年の喫煙は、とても危険です。大人になってやめられない人の多くは、未成年から吸っています。路上で吸い出したらニコチン中毒末期です。かっこいいと思って吸い出したタバコは、あなたを蝕み、あなたの周りの人に受動喫煙を強制し、良いことは何も無いのです。喫煙はストレス解消だという人もいますが、食後、満腹になった人のストレスとは何でしょうか?睡眠を十分とってすっきりした朝に吸うタバコが解消するストレスとは何でしょう?彼らは、タバコ中毒からくる吸いたいストレスと、日常のストレスを勘違いしているのです。そんな大人にならないように、未成年の喫煙は絶対にやめるべきです。脳に致命的なダメージを与えます。タバコは成人してから、吸いたければ自分の自己責任で吸えばよいと思いますが、全くお勧めできません。仮に吸うとしても、マナーを守れる喫煙者となってください。他人に迷惑をかけないマナーのある喫煙者もいますが、実際はマナーの悪い喫煙者が沢山おり路上で吸ったり、禁煙場所で吸ったりします。これらの行為は、受動喫煙したくない沢山の人に毒をもる行為です。タバコは、繰り返しますが毒です。吸わないに越した事はないのです。未成年のあなたが吸うと、頭に致命的なダメージを与えるでしょう。大人になっても、吸わない方がお得です。よく考えてください。自分のために、そして自分の友人や、将来の家族のために。あなたの脳みそに致命的ダメージをあたえないためにも。アルコール中毒になりたくないのと同じように、ニコチン中毒になりたくないはずです。」

 

 

と、これくらいタバコのパッケージに書けばいいと思いますが、長すぎますか?

 


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 7

タバコのパッケージもですが、あの街角の自販機にも
しっかり注意書きをすべきだと思います。
パッケージの但し書きを消した商品の写真を配列したりしています。
そもそも自販機なんて置かなければいいのでしょうけど。
by (2006-02-12 23:06) 

タバコの匂い大嫌い

自動販売機、同じようなことを考えていて、以前このような記事も書いてます。

http://blog.so-net.ne.jp/no_s moke/2005-06-14

買うたびに音声で、

■これでまた一歩肺がんに近づきましたね☆

とか、

■これで肺気腫になる確率があがります。死ぬまでだいぶ苦しいですよ、


とか。電気の音で機械的にアナウンスするといいと思いますが。ついでに、

■歩きたばこをすると、まわりの人も肺が汚れるので絶対にしないでね。
■自分の肺だけよごして、自分だけ肺がんになってね♪

なんてやさしく言うのもいいかもしれません。
それくらやるなら、おいてもいいけど、じゃなきゃ撤去しろってか。
by タバコの匂い大嫌い (2006-02-13 20:45) 

はじめまして。激しく同感です。nice!を100個付けたい程。
私も歩きタバコが特に大嫌い!でも、一日に何人も見かけるのが現実です。赤ちゃんを連れたママがタバコを吸っているのを見るのも大嫌い!本当に気分が悪くなります。自分の子供だから、自分で殺しても構わないと思っているんですかね。
10年前、アメリカから横浜に帰国した私ですが、本当にびっくりしました。レストランで禁煙席がない!あっても名ばかり。ロクな仕切りも無いまま、隣ではプカプカとタバコを吸っているんですもの。あれから禁煙席は増えましたが、余り意味がない店も多いですよね。
当時アメリカ(都会)では既に完全禁煙ビルなども多く、非喫煙者が守られていました。テレビではユルブリンナー(肺がんで亡くなった俳優)のCMが流され話題になったり。喫煙が原因で亡くなった人が訴えている禁煙。これはインパクト大でした。
とにかく!書いたらキリがないですけど・・・。吸いたい人は勝手に吸ってもいいけど、人に煙かけないでね!って感じです。
by (2006-02-13 21:16) 

鳥谷

こんにちは。なんだかすっかり読者になってしまいました。
ちょっと記事ずれするかもしれませんが、未成年者がどうして煙草を手に入れられるかについて、憤りをコメントさせていただきます。

自販機は夜に使えなくなります。あれは、未成年者への対策になるのでしょうか?
まったくもって否ですよね…。昼は買えるし、自販機が使えなければコンビニで買える。
実際のコンビニでは、明らかに未成年と解りつつ、店の利益のために酒・煙草類を売るそうです。コンビニも経営は苦しいところが多いのでやらざるを得ない…。
そして、売る相手が他人だから害になろうが関係ないんですよね。
しかも、これが元であのコンビニが未成年に煙草を売らなくなったら、困る。ということで、もし喫煙が見つかった未成年も買った場所は言わない、という暗黙の信頼関係があるそうです。そんなのおかしいだろ!!と思います。とても恐ろしい利害関係の一致ですよ…。
by 鳥谷 (2006-02-14 02:21) 

タバコの匂い大嫌い

みなとのみきさん、以前アメリカに住んでいたかたなら日本の禁煙状況の悪さ、受動喫煙の問題がよく分かるのではないかと思います。私も、2000年から2年間、ニューヨークで働いていまして、オフィスビルの分煙や食堂やカフェの完全禁煙化の環境はすばらしかったです。天国でした。

喫煙者が吸う行為は、彼らの自己責任の下でいいと思うんですが(もちろん、吸わないほうがいいとは思いますが)、吸ってもらってもいいけど、我々が受動喫煙しないようにしてほしいですね。当たり前のように歩きながらタバコに火をつけ、あたりまえのように煙をばら撒いて、当たり前のようにポイ捨てします、彼ら。排水溝をわざわざ狙う人もいますし。


鳥谷さん、未成年者が言わないかもしれないし、言ったとしても、売ったほうは未成年だと知らなかったといえば、何もないと思いますよ。現在の罰則では、「未成年者と知って売った場合」罰金があるだけど、知らないで売った場合は何もないはずです。確認義務を設けて、知らなくても未成年に売った場合は、処罰対象にすればいいと思うんです。

つまり、明らかに30代以上ならばIDは確認しなくていいけど、未成年かあるいは20代に見えれば念には念を入れて、IDを確認しIDが無ければ売らない、仮に知らなくても未成年に売ったら、販売店店主を厳しく罰するようなことをすればいいんですよ。自動販売機はもちろん撤廃です。アメリカでは、未成年はもちろんですが20代に見える人にもID提示を要求します。彼らは、ID確認を怠って間違って未成年に売った場合も罰せられるからです。お酒を買うにしろ、明らかに未成年じゃないのにIDを見せろっていってきます。それくらして欲しいですね。
by タバコの匂い大嫌い (2006-02-14 08:31) 

ディック

煙草のパッケージにその文章を入れ、
さらには煙草一本一本にも印字しましょう!!
by ディック (2006-02-26 12:16) 

タバコの匂い大嫌い

そーですね、笑

タバコには、漢字一文字、「毒」でいいと思います~
by タバコの匂い大嫌い (2006-02-26 13:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。