So-net無料ブログ作成

排便と喫煙の共通点

なんで横断歩道はタバコ臭いのか?なぜ信号待ちはタバコ臭いのか?なぜ?



喫煙者のなかには、嫌煙者をひとくくりに悪とし、だから我々の吸う権利と鼻から煙をだしながら主張するニコチン中毒で壊れた人もいますが、私の主張は、ニコチン中毒の人がタバコを吸うのは勝手だけど、我々吸わない人がタバコに触れないでも良い社会が欲しい、ただそれだけ。



人前で糞をたれないのと同じ。トイレに隠れて糞をするのと同じ。糞をする権利もタバコを吸う権利も同じ。


他人に見えないところで行使しなよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

そこで小便したらだめでしょ?喫煙もだめでしょ?

小便禁止のサインなくてもトイレ以外で小便は禁止ですな。当たり前。


喫煙禁止や禁煙サインがないからタバコを吸ってもよいのですか?違うでしょ。喫煙所だけでタバコを吸っていればよいのでは?


禁煙サインがないから歩きタバコが許されるわけではないのです。小便禁止がなくても、道端で小便はだめでしょ。


公共の場所での小便とタバコは同じレベルで迷惑ですら。歩きタバコ汚いよ。歩きタバコ、汚物です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

未成年者に売らない重要さ

喫煙者が買いやすい、またはタバコ会社が儲かることが重要なのか、未成年者がタバコを買えない環境整備が大切なのか?


19歳老け顔の少年と20歳の童顔がタバコを買おうとした時、どちらに身分証明書を提示させるべきか?

25才だけど高校生くらいに見える成人と高校生だけど20代後半に見える人、どちらに身分証明書を提示させるべきか?

彼らは全員年齢を証明できる物を提示するべきだ。


成人した人には面倒だろうが、未成年者に売らないことが重要であるなら、身分証明書の提示を徹底しなければならない。そのために何をするべきか?


未成年者に販売した時のペナルティの厳罰化は必須であろう。吸った未成年よりも売った販売店の制裁を徹底すべきだ。


必然的に三十代前半くらいに見える人まで、身分証明書の提示は要求されるべきだ。



冒頭に戻るが、タバコの買いやすい社会が大切なのか未成年者に売らない社会が重要なのか、の議論です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

彼氏と一緒、だから喫煙席

彼氏が吸うからカフェやレストランはいつも喫煙席のあなた、逆に彼女が吸うからいつも受動喫煙の君、相手が好きだから受動喫煙は受け入れるのですか?


あなたのことを大切に思う恋人だから、あなたに受動喫煙をさせないようにするべきだと思うけど。あなたが相手のタバコで苦しんでいるならなおさらね。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

タバコは悪か?

私はその議論を放棄している。現に喫煙行為そのものを非難した発言はしていない。何年もこのブログを管理しているが喫煙行為そのものまたは喫煙者だからといって彼らを非難したことはない。


私は受動喫煙を悪としている。二次喫煙だ。喫煙者がヘビースモーカーだろうが肺癌になろうが彼らの選択なのである。私が悪だとかいう立場にない。自虐的だとは思うが。だからもちろん吸わないに越したことはない。止めるなら応援したい。


彼らが吸うから悪いのではなくて、我々が吸わされるから悪なのだ。他人に受動喫煙させない喫煙をしていれば昨今の禁煙ブームは喫煙者にとっても影響はないはず。他人に受動喫煙させる場所が禁煙になっているだけなのだから。


公共の場所がその典型的な例である。


歩きタバコ絶対反対
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

風邪をひくと

風邪をひくと気管がよわまりタバコの煙で咳き込みます。歩きタバコの煙で咳き込みます。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。