So-net無料ブログ作成

taspo 、未成年への販売防止を真剣に考えるのであれば

もし、未成年者への販売を真剣に考えるのであれば、

 タバコの自動販売機を全部撤廃すれば良い。

要は、

1, タバコを買いたい人が買いやすい社会が重要なのか
2, 未成年者がタバコを買えない社会が重要なのか

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

彼らは何故に歩き煙草

この道も、あの道も。どこにいってもタバコ臭い。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

トイレ管理会社が

喫煙する人の溜り場なんでしょうね。トイレも喫煙です。
20080518164547.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

その父は、右手に子供、左手に火

父親は子供を危険から守ります。


右手で子供と手をつないでいるときは、左手に煙草をもちます。子供にやけどをさせないためです。


煙も絶対に子供にはすわせません。親が吸うからといって、子供が受動喫煙をしてはならないからです。


でもどうやって、受動喫煙から守っているのかはしりません。でも、守っているはず。でなければ、子供と手をつなぎながら煙草をすうはずありません。


喫煙者の子供といえど受動喫煙してよいはずはないのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

現代たばこ戦争

現代たばこ戦争 (岩波新書)

現代たばこ戦争 (岩波新書)

  • 作者: 伊佐山 芳郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1999/05
  • メディア: 新書
商品の説明
出版社/著者からの内容紹介
「たばこを吸って病気になるのは自業自得だ」という意見がある.しかしこれは正しくない.肺ガンや心臓病などと喫煙との高い因果関係が曖昧にされ,自販機や広告が街中にあふれているのは日本だけだからだ.今,たばこメジャーは,そのターゲットをアジア諸国,女性,少年に向けている.現代のアヘン戦争とも言うべきたばこ戦争の最前線を報告する.

内容(「BOOK」データベースより)
「たばこを吸って病気になるのは自業自得だ」という意見がある。しかしこれは正しくない。肺がんや心臓病などと喫煙との高い因果関係が曖昧にされ、自販機や広告が街中にあふれているのは日本だけだからだ。今、たばこメジャーは、そのターゲットをアジア諸国、女性、少年に向けている。現代のアヘン戦争とも言うべきたばこ戦争の最前線。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大井町駅内で喫煙注意

目のまえに禁煙サインありますが、すってました。優しく、教えてあげます。つまり、注意ではない。


「ここ禁煙ですよ」


優しい口調で教えてあげます。しかし、無視されました。もう一度、同じ感じで教えてあげます。無視されました。


今度は、彼の視界にはいりように片手をふって、それでも注意ではなくて、教えてあげます。


「ここは禁煙ですよ。」


さすがに反応してました。反抗期の小学生か、あの成人式てあれる馬鹿のように。聞き取りにくい声で、


「なんなんだ。お前なんなんだ。」


を連発していました。私よりも大分年配です。喫煙を指摘され、目の前にある禁煙サインを教えてもらって、「なんなんだ、」もねぇ。


喫煙するから、喫煙者はだめだという理論にはならない。それは分かっているけど、こういう経験を何度めみているとね。。


少なくとも彼らはタバコに脳みそを支配された敗北者だね。あるいみ惨め。俺に逆ぎれするニコチン中毒者。社会の汚物。汚くてしようがない。早く肺癌でしんでしまえ。


ついつい汚物と口論しそうになった。あぶない危ない。あのレベルの汚物達と口論するエネルギーがもったいない。肉体的にも、危険だ。あいつらは、完全に正しい我々に暴力を振るう可能性があるわけだ。あいつらは馬鹿だからね。


心の中で馬鹿にパンチをして、アホの遠吠えをあとにした。満員電車に乗るために。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

灰皿設置も許可制に

路上に勝手に設置された灰皿。喫煙者たちがたむろして周辺は臭い。歩きタバコをしないだけましだし、そこで吸っている喫煙者が悪いともいえない。


言えないがしかし、設置したひとの責任はないだろうか。勝手に喫煙所をつくられると、受動喫煙させられる我々が迷惑でして。設置するなら、それなりの設備を作るべき。壁をつくるとか、巨大な吸引機みたいなので煙を高いところにはきだすとか、なんとかしてほしい。


タバコ屋前や、コンビニ前など、人が多い所はとくになんとかして欲しい。


販売は権利がいるみたいだが、吸う場所を提供するのは自由なのか。設置条件はなくていいのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

タバコを吸うなら車道歩け

そう、車道を歩けばいいじゃない?車道及び喫煙道!


頼むから私たちの前を煙をはきながら歩かないで下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。