So-net無料ブログ作成

禁煙の飲食店が少しずつ増えてきた

最近、禁煙の食堂が少しずつですが増えてきました。神奈川のマックは禁煙になりましたね。本日、週末も利用しましたが、喫煙室とのドアがなくなっていました。前は、あそこの扉が開くたびに煙がもれたり、そもそも、その喫煙室の席はあいているけど、禁煙席はいっぱいという事があったので、非常に良くなりました。

だんだんですが、タバコを吸わない、受動喫煙の被害をうけているわれわれにも、住みやすい社会になろうとしていると思います。

大分前ですが、映画館や電車、バスが禁煙になり、時間がたって、国際線の飛行機が禁煙になり、禁煙大国日本でも国内線のフライトが禁煙になり、駅が禁煙になり、それでも旧国鉄のJRは駅ですえましたが、東日本は禁煙になり、少し前には千代田区が一部禁煙、タクシーも禁煙が増えましたね。神奈川県が4月から飲食店を禁煙にしますね。


喫煙者をいじめているわけではなくて、受動喫煙で苦しんでいる回りの人たちを救う当たり前の活動ですね。

喫煙者は、自己責任で吸っているわけですよ。嗜好品と彼らは言いますが、依存症という病気であると国も認め、病院での治療も保険がきくようになったわけですよね。

世の中は禁煙社会、いやタバコを吸わない人たちが受動喫煙をしなくてもよい社会に変わっています。タバコは病気として認められ、病院にいけば保険のきく治療がうけられるわけです。禁煙の地域はどんどん増えます。


喫煙者の皆さん、やめるのも一つの選択だと思います。でも、喫煙はあなたの選択なので、やめる必要ももちろんないですよ。吸いたいだけ、吸っていただいてかまわないです。ただ、このブログでは一貫して最初からそうお願いしているように、周りの人間に受動喫煙を強いるタバコのすいかたは、やめてほしいです。お願いします。歩きタバコや、公共の場所での喫煙は控えてほしいです。

飲食店の店主にもお願いしたいです。子供がではいるするようなお店では、禁煙にしてほしいです。

政治家にお願いします。飲食店は、すべて禁煙にして、喫煙ができる場所は、喫煙化のサインを出さないといけない法律を作ってください。喫煙のできる店舗で働く、バイトや従業員の方が、危険区域で働いているので危険業務扱いで、最低賃金などを上げるなどをして彼らを守ってください。

アスベストが充満する空間の危険作業や、核施設などの危険作業と同じですよ、タバコの煙が充満する空間での業務。
アスベストとタバコ、毒ガスという意味で同じですからね。


喫煙者が吸うのは良いけど、従業員が選択しもなく受動喫煙をしないといけない労働条件で働くのも暴力ですね。では、そこで働かなければ良いじゃないかという人がいるかもしれないけど、不景気だから、選択できないわけですよね、多くの人は。


タバコ、、タバコは、依存症という病気ですからね。他人に迷惑をかけて自分は快楽を得ているのですから、、どうだろう。飲酒運転で、他人をひき殺すか、タバコをすって他人に受動喫煙をさせて長い時間をかけて、他人を殺すかの違いでしかないかな。飲酒運転でひき殺す場合は、犯人はその人ですが、タバコの受動喫煙の場合は、沢山の加害者がいるから、個々の喫煙者は、罪悪感が薄れるのでしょうが、タバコの煙は、ひどいですよ。本当に。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。