So-net無料ブログ作成

喫煙は喫煙者の権利である

その通りである。喫煙は喫煙者の権利である。



喫煙室、喫煙が可能と記された場所で好きなだけ煙草を吸えばよかろう。私は喫煙が可能である場所で喫煙する喫煙行為は尊重します。



煙草は受動喫煙をする周りの人に害を及ぼします。喫煙可能サインがない場所では、絶対に吸うべきではないです。



まずは歩き煙草から。やめてください。




繰り返しますが、喫煙者の煙草を吸う権利は尊重します。喫煙所で吸う喫煙は、尊重します。



歩き煙草は、権利ではないのです。周りに受動喫煙をさせる喫煙は、暴力です。我々は受動喫煙を避けられません。受動喫煙は毎日あります。それを言うと外出するなという喫煙者もいました。ニコチン中毒は、脳ミソを破壊してしまいますな。



他人に受動喫煙をさせない喫煙行為は、煙草を楽しむ、喫する行為であり、彼らの権利だと思います。



私の主張はかなりシンプルです。他人に受動喫煙を強制しない喫煙を楽しんでください。周りを巻き込む喫煙は暴力です。受動喫煙は毎日させられます。そんなマナーの悪いニコチン中毒で自己中心的な喫煙者は、いくら言ったところで行動を改めません。であれば、我々の受動喫煙がなくなるためには、彼らが早く肺癌になって他人に受動喫煙を強制出来なくなる事を願うしかないでしょう。



だって、今の世の中、特に日本の都市では受動喫煙は避ける事ができないのだから。



受動喫煙を強制する喫煙をやめないのだろ?我々は受動喫煙を我慢するしかないのだろ?じゃあせめて、彼らが早く肺癌で死ぬことを願うくらいはいいのではないか?その気持ちをここに書くのは良くないか?


だって受動喫煙は無くならないわけで、煙を吸わされる物理的な被害を我慢しないといけない我々が、加害者が早く癌か何かひどい病気で死んで欲しいと願うのは、願うくらいよいだろう。



もちろん、ニコチン中毒の加害者を殺すとか書くのはやり過ぎですよ。私は、そんなことは言ってないし。あんなニコチン中毒でモラルもないレベルの低い生き物のために犯罪者になるのは馬鹿らしいわけです。彼らにはそんな価値もないわけです。


誰も彼らに手を下さないですよ。煙草が彼らの命を奪うのです。我々は早く煙草でいってくれとを強く願うだけです。


か、受動喫煙そのものがなくなれば良いです。別に喫煙それ自体は彼らの権利ですし。




受動喫煙が強制されなければよいのです。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

さるP

私の職場は今時喫煙可能です。
2年前より出向で勤務しています。この時代に喫煙率80%の職場です。当然マナーなど存在しません。
くわえたばこでの作業、流し場への吸殻廃棄、食事中での喫煙など、30年以上は遅れていると思います。
ここに来て良く分かったことは、彼らにたばこの害を説明しても無駄だということです。この世の中をよく理解していれば、そんな議論をしている時代ではないのですが、全く見識のない人ばかりというか、彼らは完全にJTのマーケティング戦略に嵌められた人ばかりです。
幸い当社には目安箱制度というものがあり、受動喫煙をなくすよう申し入れました。受動喫煙により肺がんなどの疾病を患った場合、会社は責任を取る必要があります。もし責任を取ってくれなければ、コンプライアンスに違反します。
会社は全面禁煙もしくは完全分煙にしなければならない旨を伝えました。さらに完全分煙の設備は、喫煙者自身の負担により喫煙者自身が勤務時間外に設置することと注文をつけています。
先日申し入れを行ったところですが、是正処置されたかそどうかについては後日報告いたします。
by さるP (2009-07-17 22:27) 

AAA

自慰をする自由はあっても、レイプをする自由はないのと同じだと思うんですが、どうしてこんな単純な事が分からないんでしょうね。
路上喫煙を擁護するのは、レイプ犯を擁護するのと同じですよ。
by AAA (2009-11-07 10:28) 

タバコの匂い大嫌い

路上喫煙を擁護してませんよ。路上喫煙をやめてくれというメッセージです。タバコを吸うのは、喫煙者の権利だけど、我々が受動喫煙しない権利もあるのだという意見を述べていますよ。たぶん、タイトルから内容をよまずに想像して全体を解釈されたのだと思いました。

一部、引用しますね。あとで、全文読んでみてください。また、他、たくさん受動喫煙に対する意見を書いているので、ご覧になってくださいね。

ー以下、この記事の引用ですー

煙草は受動喫煙をする周りの人に害を及ぼします。喫煙可能サインがない場所では、絶対に吸うべきではないです。

まずは歩き煙草から。やめてください。

by タバコの匂い大嫌い (2009-11-07 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。