So-net無料ブログ作成

Son eats, dad smokes at Starbucks

then everybody seems to be happy.

子供の前で喫煙する親は、毎日何度も子供に受動喫煙させていると思います。習慣になっていて、これくらいは大丈夫だろう、自分は直接すっているし、それに比べれば子供が吸う量は少ないから大丈夫だ、などと思っている親は多くないでしょうか。受動喫煙を強制しない喫煙って、できないのだろうか。

スターバックスなので、店内だと禁煙なんですが。親が喫煙するために、外に座るんですよね。そして、親や周りの喫煙者が吐き出す煙を吸わされるわけですね。日常的なことなんでしょう、子供はどうやってこれを避けるのだろうか。


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

あゆ

最近、小学生が帰る時間になると地元の老人達がチームを組んで、パトロール隊のようなことを
している。防犯の効果はあるのかないのか、そんなことはどうでもいいけど

歩 き タ バ コ  。

子供達を守るためのパトロール隊。子供達が必ず通る場所に立っている。下校時間がすぎた
しばらくあとは、一定のルートを集団で歩いている。タバコを吸いながら。当然携帯灰皿なんて
洒落たもんは持ち歩いていない。灰皿があっても許されることではないと思う。
by あゆ (2007-07-10 21:22) 

タバコの匂い大嫌い

子供もいるのに、タバコをすっちゃいけませんね。


なんてことを言うと、子供の安全をまもってるんだ、もんくあるか!って、顔をプルプル震わせながら怒りそうですが、


喫煙者、そのもちろん一部でしが、他人の迷惑かえりみないですね。
by タバコの匂い大嫌い (2007-07-12 09:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

ランキングにご協力ください → 人気ブログランキングへ


COPD慢性閉塞性肺疾患 (よくわかる最新医学) (単行本) [編集]

木田 厚瑞 (著) 


内容紹介
タバコの害というと、まず肺がんがあげられますが、実は患者数で最も多いのがCOPD、慢性閉塞性肺疾患です。現在、日本で診断されている患者数は20数万人ですが、推定の患者数は五百万人とも七百万人ともいわれており、年間死亡者数は1万4千人余りで死因第10位ですが、年々増加傾向にあり、世界では2020年には死因第3位になると予測されています。最初はせきやたんや息切れで始まって、ゆっくり進むので見過ごされがちで、重症化して初めて診断・治療の対象になることが多いため、常時酸素吸入が必要になったり、寝たきりになったりする怖い病気です。ただ早く発見してきちんと治療すれば、進行を止めることができ、脳卒中・肺炎・心臓病といった合併症も予防できます。本書は、早期発見を可能にするチェックリストや肺年齢の測定、治療の第1歩である禁煙、新しい気管支拡張薬、呼吸リハビリテーション、日常生活の心得など、必要な情報を満載。 

内容(「BOOK」データベースより)
タバコ病で死なないために。潜在患者数500万人以上ともいわれる21世紀の生活習慣病。最新の検査法・治療法と療養のコツで寝たきり防止。病気の悪化を防ぎ、肺の機能を回復させる禁煙のすすめ。 

歩き煙草止めてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。